トレチノインの使い方について

トレチノイン治療薬はニキビの治療やシワとたるみの治療、そしてハイドロキノンと併用すると美白効果も高まる効果的な使い方があるって知っていますか?

 

トレチノインとは医薬品で、ビタミンA(レチノール)誘導体の一種、通常のビタミンAと比べると薬理作用は50倍〜100倍と言われています。

 

アメリカでは主にニキビやニキビ跡の治療に使用され、スキンケアではシワやたるみの改善にも効果を発揮します。

 

チョコレートの食べ過ぎでブツブツやニキビが出ると言われますが、真相はどうなんでしょうか?

トレチノインの特徴とは

化粧品ではドクターズコスメのオバジが有名で、トレチノインとハイドロキノンを併用するトレチノインハイドロキノン療法は東大式とオバジ式にわかれるくらいです。

 

トレチノインの特徴紹介を簡単に説明すると肌の新陳代謝を上げ、ターンオーバーを促進、新しい肌を通常よりも早く作る、肌の内部でコラーゲンの生成をサポート、過剰な皮脂分泌を抑制するという効果があります。

 

使用方法はニキビケアやシワタルミ改善の場合、低濃度のトレチノイン0.25%〜0.05%をニキビやシワたるみが気になる部分に広めに薄く塗布するだけです。

トレチノインの効果的な使い方

トレチノインハイドロキノン療法で美白効果を実感したいなら、トレチノイン0.1%とハイドロキノン4%程度を併用すると効果的で、化粧水で肌を整えてから、シミ黒ずみが気になる部分にトレチノインを小さく薄く塗ります。

 

トレチノインが乾燥した後、肌漂白のハイドロキノンを薄く気になる部分よりちょっとだけ広めに塗っていきます。

 

トレチノインハイドロキノン療法は治療中、肌が乾燥したり皮膚が薄くなったりしますので、刺激を与えない用に、保湿と紫外線対策は絶対に必須になります。

 

体験談としては、小さいシミなら1〜2ヶ月で気にならない程度に、乳首の黒ずみなどは3ヶ月〜1年ほど治療すると改善します。

 

美容クリニックで処方して貰い購入すると治療薬はかなり高額で、1ヶ月分で5万円以上かかりますが、個人輸入でユークロマクリームとスティーバAを購入すると1ヶ月分で5,900円程度ですので、個人輸入のほうがコスパは優れています。

 

トレチノインジェルという商品はオススメ出来ません。セメダインのような匂いがキツく、効果もスティーバAの方が高い感じがしますので、ちょっと高くてもスティーバAを購入したほうが後悔することが無くなります。

関連ページ

トレチノインの効果
トレチノインの効果は、ニキビやニキビケアと思われていますが、実はそれだけではなく、女性にとってメリットが多い治療薬なんです。
トレチノインの通販
トレチノイン治療薬を通販で購入するなら、信頼できる海外の個人輸入代行サイトを利用するしかありません。残念ながら、日本国内ではトレチノインは医薬品となっていますので、皮膚科などで医師の処方箋が無いと薬局でも購入することができない商品です。